男性の方が圧倒的にリスクが高い!?援助交際の注意点とは

男性が援助交際するときには、いくら相手に非がある場合でも、法律などによって不利になる可能性が高いです。美人局やお金を持ち去って逃げられたとなっても、警察に届け出をしても悪くなる一方になります。

そこで、男性が援助交際をする際の注意点をご紹介します。よく知っておくことで、未然にトラブルを防ぐことができます。悲惨な結末にならないように覚えておきましょう。

持ち逃げは防ぐには?

一番援交で多いのが「持ち逃げ」です。シャワーを浴びている間にクレカや現金などを抜き取られるケースは有名ですよね。実際にそういうことはないと言い切れないのが、現在の状況です。

お金だけの関係なので、見知らぬ女性と性行為をするわけです。完全に信用できる相手ならともかく、知らない相手にお金が目立つところに入れていくのは、カモになりやすいです。

最低限の現金や一緒の時間を作ることがベストになります。会社が分かる名刺や貴重品などは家やロッカーなどに置いておきましょう。

相手が頻繁に携帯をいじる癖がある

女の子なら携帯をいじるのは当然、と思わず一旦距離を置くか、美人局だと疑いましょう。美人局のやり方として、待ち合わせやホテルなどの指定があります。普通の援交ならどこに行くかどうかなどは、お互いが決めることです。

美人局は男仲間(または夫)と一緒に計画を立てるので、移動しているときやホテルにいるときなど携帯をいじる癖があるのなら、美人局ではないときでも止めておいた方が無難です。

援交は気を抜くとリスクが大きい

慎重に行動したり、最低限気をつければ問題を防ぐことができますが、軽率に動いてしまうと、思わぬトラブルに見舞われます。

「気にし過ぎ…」と思うくらいの方がちょうど良いかもしれませんよ。

Filed Under 援助交際について

Comments

Comments are closed.