証拠はしっかりと消して!援交をするときの付き合い方

援交をして逮捕される男性の多くは、未成年者と性的な関係だった場合がほとんどです。しかし、彼等はなぜ逮捕されたのか知っていますか?大人なら危ない橋を渡っている自覚があるのですから証拠を消すのは当然です。

実は、未成年者との援交が発覚するのは大人ではなく、交際相手から漏れていた場合がほとんどです。では、なぜこのようなことが起きるのでしょうか。

未成年者の補導や逮捕が原因

暴力や恐喝など、トラブル以外では被害届を出すことは、未成年者なら稀なケースです。なぜなら、未成年者の場合、被害届を出して、親や警察に見つかり、家に戻されるのは嫌なものです。

ところが、未成年者でも援交以外にも万引きや喫煙などをして逮捕または補導されることがあります。そのときに、携帯の履歴を確認されると、援交していたことが発覚します。

つまり、援交していたことは自分が証拠を消せば十分と思っていても、交際相手の履歴を忘れている場合が多いのです。

親や周囲の人間からバレることも

発覚するときは、警察からだけではありません。交際相手の親や友人などから、援交していた事実を抑えられて、そこから芋ずる式に買春していた男性を逮捕するケースというのも存在します。

なので、自身の携帯や援交があったことの証拠を、いくら消したとしても安心はできません。援交していたこと自体の証拠を隠ぺいしないと、詰めが甘いと言えます。

美人局をしている女の子からも発覚される

大抵は、交際相手自身が証拠の消し忘れが多く、発覚するケースがありますが、美人局をして逮捕されたときにも、履歴を調べられます。

どこで未成年と援交をした情報がどのタイミングで発覚するのは予想がつきにくいですが、証拠は自分にみだけではなく、全ての証拠を消さなくてはならないということを覚えておきましょう

Filed Under 援助交際について

Comments

Comments are closed.