ヤリ逃げ注意!女性が抱える援交のリスクとは

女性はトラブルが起きても、美人局など詐欺をしない限り、逮捕されるリスクは少ないです。しかし、援助交際は女性ならではの大きなリスクを抱えていることを忘れてはいけません。

妊娠や、未成年の場合は少年院ということもありますが、それ以前のリスクも存在します。

ヤリ逃げは泣き寝入り

男性のリスクが持ち逃げなら、女性はヤリ逃げされるケースが多いです。お金を渡されずに性行為だけして男性がお金を渡さずに逃げてしまうものですが、これを防ぐにはベッドに入る前に前払いが基本になります。

「逃げ」を警戒しているのはどちらも一緒なので、先にお金があることを確認することです。ヤリ逃げの手段としては「お金を忘れたから後で取ってくる」と言って、口ではお金をちらつかせますが、現物がなければカラダを差し出さないことです。

ヤリ逃げされると、特定されない限りは被害届も出しずらいですし、そのメールなど証拠がなければ相手は犯罪にはなりません。援助交際だったとしても、お互いが18歳以上であれば禁止罰則はないので、警察も動けない状態となります。

恫喝や暴力は被害届を出して

ヤリ逃げは、自分も非があったと反省することもできますが。恫喝や暴力といった、男性特有の強引なやり方に遭った場合も実は援助交際にはあることです。

買春する側が優しい男性なら良いですが、そうとも限らないのが実情です。ハメ撮りなどしたい場合や相手も複数の男性を連れて別のところで待機している可能性もあります。

また、撮られたデータはネット上に流出するおそれがあります。それを元に脅されるケースも考えられます。

後出しになりますが、少しでも不穏な空気を見せたら逃げるか警察に電話するかです。しかし、それも証拠がなければ、自分が詐欺や美人局の疑いを掛けられる危険性もあります。

女性はそのことを考慮しながら援助交際をしなくてはならないので、相手の指示に従わずに、話し合いにて場所を決めるようにしましょう。

Filed Under 援助交際について

Comments

Comments are closed.